血天井

養源院(ようげんいん)

養源院の歴史と見どころ 1594年に秀吉の側室淀殿(茶々)が、実父である浅井長政の供養のために建てたのが養源院です。その後焼失しましたが、のちに淀殿の妹で徳川秀忠の妻であった崇源院によって伏見城の遺構を移築する形で、徳川 [...]

宝泉院(ほうせんいん)

宝泉院の歴史とみどころ 三千院の奥にあります。実光院とともに、勝林院の僧坊の一つ。伏見城の遺構を移築して作られており、こちらにも鳥居元忠の家臣数百名が自刃した際の床板「血天井」があります。養源院にも血天井がありますね。血 [...]