京都の桜めぐり




京都の春といえば桜。

神社の塔と桜とか、枯山水と枝垂桜とか、いかにも京都に来たという印象をあたえてくれるとても美しい風景です。平安時代から愛されていた桜の名所なども多く、昔の人も今と同じ景色を見て心を震わせていたのかな、なんて考えたりします。

そこら中、山の中にも桜がたくさんあるおかげで、京都はお花見スポットがたくさんあります。毎年人気になるのはコマーシャルに使われるところなので、そこは次の年の花見に回すとして、反対方向を攻めていくのがポイントです。ソメイヨシノ、枝垂、山桜など、株種によってもエリアによっても開花時期は変わってくるので、比較的長い間花見が楽しめるのも京都のよいところです。

言わずと知れた名所から、地元の人がお花見を楽しむ隠れた名所まで、桜のおすすめスポットをご紹介します。

醍醐寺(だいごじ)

醍醐寺の歴史と見どころ 「花の醍醐」と五重塔 世界遺産の寺院です。空海の孫弟子である、理源大師が笠取山の山頂に如意輪観音、准胝観音を迎えて開山したのが始まり。その後醍醐天皇の庇護を受け、山麓全体が醍醐寺の敷地になりました […]