京都の庭園めぐり

美しく手入れされた庭の風景は、それだけで訪れる人々を癒し、和ませてくれます。名勝庭園、心休まる小さな庭園、知る人ぞ知る穴場庭園など、京都に来たらぜひ訪れたい庭園を持つ名所を集めました。

人気のお庭を訪れる際は午前中に予定をこなすこと、周辺で見て回りたい店は事前に決めておき優先的に回ってしまうことがうまく予定をコントロールするポイントです。だらだら散策するのも旅の醍醐味ではありますが、有名な観光地になるほど人の流れになんとなく身を任せているだけの「ながら見」になってしまいがち。ある程度は明確な目的を持ってさっと予定をこなしていくと、気持ちにも余裕が生まれます。

逆に穴場的な庭園を訪れる際は、人が少ない分ゆっくりと時間をかけて回れますから、風に任せて思わぬ出会いや発見を楽しんでみてはいかがでしょうか。

大徳寺(だいとくじ)

大徳寺の歴史と見どころ 千利休や一休さんで知られる日本最大の禅寺 「このはし渡るべからず」や「屏風の虎」などの逸話で知られる一休さんこと一休宗純禅師がこちらの住職を勤めていたり、「茶の湯」を完成させた千利休が織田信長の怒 […]

金福寺(こんぷくじ)

金福寺の歴史と見どころ 松尾芭蕉、与謝蕪村ゆかりの小さなお寺 「金福寺(こんぷくじ)」は800年代後半に安恵(あんね)僧都が創建したお寺です。 その後荒廃していたのを鉄舟という僧が再興して臨済宗南禅寺派の寺となりました。 […]

蓮華寺(れんげじ)

蓮華寺の歴史と見どころ 喧騒を離れ、心落ち着く京の庭園へ 「蓮華寺」は天台宗の寺院です。詩仙堂などを手がけた石川丈山か、名庭を数多く手がけた小堀遠州作といわれている池泉回遊式庭園が美しいお寺。山門をくぐると、河原町通りか […]

社家の道(しゃけのみち)

社家の道の見どころ 平安時代を生きた雅な人々の生活を知る 上賀茂神社の門前を流れる明神川沿い一帯を「社家の道」といいます。上賀茂神社の神官たちが住む社家が並んでいたことからこの名で呼ばれ、今も30軒ほどが残る、国の重要伝 […]

高台寺(こうだいじ)

高台寺の歴史と見どころ 1606(慶長11)年、豊臣秀吉の正室であった北政所(ねね、出家後は高台院)により、秀吉の菩提を弔うために建立されました。正式には、高台聖寿禅寺といいます。 はじめは曹洞宗、現在は臨済宗建仁寺派で […]

等持院(とうじいん)

等持院の歴史と見どころ 室町幕府を作った足利家の菩提寺 「等持院」は1341年に足利尊氏によって建立された「等持寺」がルーツのお寺です。等持寺建立の2年後、現在の位置に等持寺の別院を建て、尊氏の死後に別院ではなく等持院と […]