神馬堂の「葵餅」(じんばどう)

神馬堂

神馬堂の名物といえば「葵餅」

焼きあがるそばから売れてしまう、入手困難な上賀茂神社のやきもち

葵餅という名は、葵祭りの時期に食べられていたことから。甘さ控えめのつぶあんを餅で包んで焼いただけ、超シンプル、なのにうまい、だからうまい、それが神馬堂の「葵餅」(やきもち)です。

ほかにもやきもちを出しているところはあるのですが、神馬堂のやきもちは、餅の柔らかさ、餡と餅のバランスが絶品。個人的にはつぶあんというところもかなりポイントが高いです。

「神馬堂」は上賀茂神社のすぐ近くにあります。名物の葵餅は焼き上がったらすぐに売り切れてしまうので、よほどタイミングが合わないとすんなりとは買えません。

神馬堂店舗
朝早くからやっています。

やきもちというのは一般的な生菓子でほかのお店にもありますが、神馬堂のやきもちは、余計なものが入っていないまじりっ気なしの餅なので、素朴な味わいの中に一切の雑味やくどさがありません。焼きたては餅がやわらかく、するーーっと伸びます。

その分出来上がってから時間がたつほどに餅が難くなりますので、基本、「買ったらその場で食べるの」が一番おいしい!家やホテルに戻って食べたければ「決して寄り道はしない!」が鉄則の生菓子です。

お土産のカテゴリに入れておいてなんですが、この美味しさを家族にもって東京まで持って帰ろうとしてもできたての感動は味わえないと思ったほうがいいです。いえ、普通には美味しいんですけどね。一個120円、5個以上は入れ物代が必要になります。

神馬堂の詳細情報、営業時間、地図

 

住所:京都市北区上賀茂御薗口町4
電話番号:075-781-1377
営業時間:7:00~売り切れ次第閉店
※開店時間は割と適当みたいです。葵餅は午前中になくなってしまうことも。夕方にはたいてい閉まってます。

地図

周辺の観光情報

寄り道できる近くの名所

近くで買えるお土産

近くのカフェ&食事

Share on Facebook
LINEで送る
Pocket