知恩院(ちおんいん)

知恩院

知恩院の歴史と見所

“「南無阿弥陀仏」と唱えていれば救われる”で知られる「専修念仏」を始めた法然上人が、1175(承安5)年に庵を結んだのが「知恩院」の始まりといわれています。法然上人のお墓もあります。

知恩院は大小106もの伽藍(※仏教建築全般のこと)が点在する大きな大きなお寺。境内は上中下の三段に分かれており、その一段目部分には、国の重要文化財であり日本最大の「三門」が建ちます。

知恩院の三門
知恩院の山門。
知恩院三門
向こう側に見える石段に、ちょっと気が遠くなりますね……

境内の中心となるのが三門と同じく重要文化財の「御影堂」で、ここには法然上人像が安置されていましたが、現在は大規模修繕工事が行われており、中に入ることはできません。(平成23年から8年間の予定)

御影堂の閉鎖中は、集会所が「法然上人御堂」と称し、その役割を果たしています。法然上人像もこちらに安置されており、参拝も可能です。御影堂の奥には方丈(※僧侶が生活する建物)があり、拝観料は別途必要ですが方丈庭園も見学することができます。池泉回遊式の庭園で、こじんまりと整っている印象のお庭です。秋の紅葉シーズンにはライトアップされますよ。

知恩院は境内が広く回るだけでも結構疲れます。しょっぱなの三門の石段は一段一段が高くて登るのがたいへんですが、巨大な段門と急な石段はダイナミックで印象的です。

知恩院
とにかく石段を登るとこんな感じです。
知恩院
知恩院
知恩院前の白川
知恩院を少し下がったあたり、夏頃にはこんな風景が見られます。「僕は明日昨日の君とデートするのロケ地」でもあります。

知恩院を含む、祇園・東山の半日散策コースはこちら

知恩院を含む、祇園・東山の散策コース 寄り道編はこちら

知恩院の詳細情報、拝観時間、拝観料

 

住所:京都府京都市東山区林下町400
電話番号:075-541-5141
拝観時間/営業時間:9:00-16:00
拝観料・料金:境内は自由、方丈庭園400円 友禅苑300円 共通500円(中学生以下は半額)
公式サイト

知恩院への行き方、地図

バスでアクセス

:市バス12,31,46,201,203,206 番 知恩院前

電車でアクセス

:京阪四条駅から徒歩10分

地図

知恩院周辺の観光情報

寄り道できる近くの名所

近くで買えるお土産

近くのカフェ&食事

Share on Facebook
LINEで送る
Pocket