嵐山よしむら(あらしやまよしむら)


嵐山よしむらの魅力

大堰川を眺めながらいただく香り高い十割そば

そば処の「 嵐山よしむら 」は渡月橋のすぐ近くにあります。日本画家・川村曼舟がアトリエにしていた日本家屋がお店です。敷地内の一番手前が手打ちそばがいただけるそば店の「よしむら」さんで、右奥は和雑貨のお店、左奥は湯葉のお店になっています。

建物は大堰川沿いの道路に面していて、2階のカウンター席からは大堰川や渡月橋、嵐山の景色を眺めながら手打ちのお蕎麦が食べられます。

お蕎麦は白臼で挽いた十割そば。風味が強く、そば粉の粗さが感じられます。そば臭いのが苦手な人にはあまりおすすめしません。あと、個人的にはお値段が高めなわりにお蕎麦の量が少ないのが残念。そば湯が美味しいです。なかなかの人気店なので、できれば開店と同時に行きたいですね。

嵐山 よしむらの詳細情報、営業時間、地図

 

ジャンル:蕎麦
住所:京都市右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場町3
電話番号:075-863-5700
営業時間:11:00~17:00(シーズン10:30~18:00)
価格帯:おおむね2000円以内
公式サイト
食べログページ

地図:

Share on Facebook
LINEで送る
Pocket