フランソア喫茶室

フランソア喫茶室

フランソア喫茶室の魅力

文人サロンへようこそ

昭和9年の創業以来、藤田嗣治(レオナールフジタ)や太宰治、桑原武夫をはじめ数多くの芸術家や文化人が集い、熱い芸術論を交わしあった有名サロンです。イタリアに来たかのようなバロック建築風の外観が特徴で、京都の町屋建築を骨組みに、ドーム型の天井やギリシャ柱などの西欧的建築要素が融合した建物は、国の文化財に登録されています。

店内も、古いけど歴史があるこじんまりとした西欧のホテルみたいな感じ。窓にはステンドグラスがあり、赤い掛け椅子がならび、壁には絵画が飾られていて、店の雰囲気としてはサロンというだけあってかなり重厚感があります。創業者は社会主義者で日本が戦争へと向かおうとするさなか、思想や芸術のことを自由に語り合える場所を作ろう!ということでこの喫茶室を始めたというエピソードがあります。

フランソア喫茶室ではブラックコーヒーにふっくらと軽く泡立てたフレッシュミルクを注いだセミウインナータイプのコーヒーが名物。合わせて注文したいのはタルトタタンやザッハトルテなどずっしり系のケーキです。「スイーツ」なんてミーハーな言い方がいい意味で似合わない、「王道」の洋菓子が並びます。

レモンタルトとかナポレオンパイとかいろいろありいつもどれにしようか迷います。コーヒーとセットでだいたい1000円ちょっと。これがホテルとかケーキ屋だったらもっとしますよね!

四条木屋町の交差点を高瀬川を左に見ながら南に少し下がったところにあり、周辺にはちょっといかがわしいお店があったりするやや微妙なロケーションではあります。かなり遅くまでやっていますし、定休日がないのでふらっと立ち寄りやすいです。

フランソア喫茶室の詳細情報、営業時間、地図

 

住所:京都市下京区四条小橋西詰南
電話番号:075-351-4042
営業時間:10:00-22:30
定休日:無休

地図

フランソア喫茶室周辺の観光情報

近くで購入できるお土産

近くのカフェ&食事

Share on Facebook
LINEで送る
Pocket