京都の紅葉めぐり




ため息が出るほど美しい、京都の紅葉を満喫できるおすすめスポットを集めました。真っ赤に染まった紅葉と風情ある京都の町並みは、写真に収めても絵になる風景ばかりです。

紅葉といえばもみじや楓の葉が赤や黄色に変化していく様をイメージしますが、この木々が色づく現象をわざわざ「紅葉」とカテゴライズして愛でるという文化は、同じように四季がある西欧にはあまりないらしいです。

ただ枯れていくだけと捉えるのか、そこに美を見出すのか。赤く染まった木々が作り出す一幅の絵のような風景を眺めていると、この美しさに言葉をつけようと思うのは至極当然のような気がしてきます。

京都紅葉めぐり1

おすすめ紅葉スポット1.詩仙堂 丈山寺 漢詩で有名な石川丈山の山荘だったお寺。隠居のためと山の中に建てられたので、お庭は広々というよりもぎちぎちしています。常緑と紅葉のコントラストが良い感じ。なんといってもここは「詩仙の […]

京都紅葉めぐり2

おすすめ紅葉スポット6.龍安寺 お寺としては十分メジャーですが、紅葉スポットとしてはあまり取り上げられない気がします。池泉式回遊庭園の鏡容池周辺の紅葉は見事。人は多いのですが、境内が広くキャパがあるのであまり気になりませ […]

京都紅葉めぐり3

おすすめ紅葉スポット11.大徳寺 12.高桐院 メジャー中のメジャーなんですが、やっぱり綺麗。門までのまっすぐの石畳の小径が有名ですね。木々の紅葉はもちろん、散ったもみじが赤い絨毯のように敷き詰められた風景はとてもドラマ […]

東福寺(とうふくじ)

東福寺の歴史と見どころ 京都最大の大伽藍。通天橋は一見の価値あり 九条家道が奈良の「興福寺」と「東大寺」をリスペクトして作ったのが「東福寺」。1236年から建物を作り始めて、完成まで19年もの歳月をかけて伽藍を完成させま […]

二尊院(にそんいん)

二尊院の歴史と見どころ 広々としていて参拝しやすい紅葉の名所 小倉山にある「二尊院」はもともと嵯峨天皇の勅によって慈覚大師円仁が創建した寺院。そのあと廃れてしまっていたのを一度鎌倉時代なって法然上人の弟子が再興しますが、 […]

常寂光寺(じょうじゃっこうじ)

常寂光寺の歴史と見どころ 多くの歌に詠まれた小倉山の中腹に佇む寺 「常寂光寺」は、百人一首で有名な小倉山にある寺院です。1596年に日蓮宗の日禎上人(にっていしょうにん)が隠棲のために開山したのがはじまり。日禎には人徳が […]

落柿舎(らくししゃ)

落柿舎の歴史と見どころ 江戸時代の俳人・向井去来が住んだ草庵の跡地。去来はかの松尾芭蕉の弟子で、芭蕉も一時ここを訪れ、『嵯峨日記』を残しました。現在の建物は去来が住んでいたときのものではなく、江戸中期に再建されたものです […]

龍安寺(りょうあんじ)

龍安寺の歴史と見どころ 京都を代表する枯山水の石庭 1450(宝徳2)年、細川勝元が妙心寺の義天玄承を開山にして創建した禅寺。応仁の乱で一度焼けてしまいましたが、勝元の息子が再建しました。禅(ZEN)の世界観を表す石庭「 […]

法然院(ほうねんいん)

法然院の歴史と見どころ 「法然院」はその名の通り鎌倉時代初期に活躍し、専修念仏で知られる法然上人ゆかりの寺です。法然はあることが原因で後鳥羽上皇の怒りを買い師弟ともども罪人となってしまうのですが、四国に流罪(弟子は死罪) […]