京都の神社仏閣





このサイトで紹介している神社仏閣をすべてここからブラウズできます。

「京都パーフェクトガイド」では各スポットの紹介ページに、そのスポットの周辺情報を掲載しています。「この辺を回っ ているときはちょうとお昼を食べる時間帯だな」とか、「疲れてるかもしれないからお茶できるところを探しておこう」などのニーズに対応できるように情報を まとめていますので、ぜひご活用ください。

神護寺(じんごじ)

神護寺の見所・歴史 神護国祚(じんごこくさ)真言寺 号は高尾山、高野山真言宗別格本山。本尊は薬師如来。 和気清麻呂が延暦年(782-806年)河内に建立した神願寺がその始まり。 現在の神護寺は以前は高雄寺と称されていたが […]

高山寺(こうざんじ)

高山寺の見所・歴史 奈良時代に光仁天皇によって創建。 明恵(みょうえ)上人が1206年に再興。現在は真言宗御室寺派の単立寺院。 鳥獣戯画と紅葉 明恵上人がつくった日本初の茶畑、鳥獣戯画で有名。鳥獣戯画は複製のみ展示。オリ […]

圓通寺(えんつうじ)

圓通寺の見所・歴史 後水尾天皇の隠居「幡枝離宮」として造られました。 枯れ山水の庭園は比叡山を借景としています。開発のために庭から見える比叡山の風景は年々狭くなっています。美しい苔を見るためには雨の後に。日照りが続いた後 […]

勧修寺(かじゅうじ)

山科にある真言宗山階派総本山。醍醐天皇がなくなったお母さんの藤原胤子(ふじわらのいんし)のために創建したお寺で、西暦900年頃から千年以上の歴史があります。南北朝時代には宮門跡寺院になり、藤原氏と皇室とのゆかりが深い寺院 […]

醍醐寺(だいごじ)

醍醐寺の歴史と見どころ 「花の醍醐」と五重塔 世界遺産の寺院です。空海の孫弟子である、理源大師が笠取山の山頂に如意輪観音、准胝観音を迎えて開山したのが始まり。その後醍醐天皇の庇護を受け、山麓全体が醍醐寺の敷地になりました […]

知恩院(ちおんいん)

知恩院の歴史と見所 “「南無阿弥陀仏」と唱えていれば救われる”で知られる「専修念仏」を始めた法然上人が、1175(承安5)年に庵を結んだのが「知恩院」の始まりといわれています。法然上人のお墓もあります。 知恩院は大小10 […]

清水寺(きよみずでら)

清水寺の歴史と見どころ 「京都といったら、まずは清水寺でしょ」というくらい超メジャーな観光スポットですね。なんでそんなにみんなが行くのかというと、やっぱり清水の舞台とそこから京都市内を一望する眺めでしょうか。あとお寺から […]

石峰寺(せきほうじ)

石峰寺の歴史と見どころ 伊藤若冲ゆかりの寺 黄檗宗のお寺です。読み方は「せきほうじ」で、「石峯寺」とも書きます。石峰寺の本尊はもともと薬師如来でしたが、昭和に入って放火で燃えてしまい、再建後は釈迦如来となりました。 江戸 […]

光悦寺(こうえつじ)

鷹ヶ峰の紅葉スポット   「光悦寺」は江戸時代の芸術家・本阿弥光悦の住まいだった場所です。光悦は1615年に徳川家康によってこの場所を与えられました。当時は治安が悪い土地だったようですが、光悦の一族がこの地に移 […]

寂光院(じゃっこういん)

寂光院の歴史とみどころ 寂光院は、推古二(五九四)年に聖徳太子が御父である用明天皇の菩提を弔うために建立したと伝えられています。本尊の地蔵菩薩立像も聖徳太子の作であるとされていますが、2000年の火災で損傷をうけてしまい […]

神光院(じんこういん)

厄除け、病気平癒のご利益がある弘法大師像   弘法大師空海が創建した「京都三大弘法」の一つです。本尊は空海が自作した弘法大師像で、厄除け大師として信仰を集めています。ちなみに京都三大弘法は他に東寺(教王護国寺) […]

阿弥陀寺(あみだじ)

阿弥陀寺の歴史と見どころ 秘境感漂う大原の寺院 浄土宗。本尊は阿弥陀如来。1609年(慶長14年)に弾誓上人が建立しました。本堂には弾誓上人が自作したという弾誓上人像が安置されています。正面には阿弥陀如来像(平安時代)、 […]

正伝寺(しょうでんじ)

みどころ   「正伝寺」には小堀遠州の作による比叡山を借景にした枯山水庭園があります。白砂の上に、獅子の親子のような形のつつじの刈り込みを配し、「獅子の児渡しの庭」と呼ばれています。枯山水に浮かぶまんまるのつつ […]

広隆寺(こうりゅうじ)

広隆寺の歴史とみどころ 最近歴史問題でなにかと話題の聖徳太子を信仰する、603年建立という京都最古の寺院です。大陸からやってきて、日本に様々な技術をもたらして帰化した秦(はた)氏の氏寺として建立されました。 広隆寺で最も […]

金福寺(こんぷくじ)

金福寺の歴史と見どころ 松尾芭蕉、与謝蕪村ゆかりの小さなお寺 「金福寺(こんぷくじ)」は800年代後半に安恵(あんね)僧都が創建したお寺です。 その後荒廃していたのを鉄舟という僧が再興して臨済宗南禅寺派の寺となりました。 […]

養源院(ようげんいん)

養源院の歴史と見どころ 1594年に秀吉の側室淀殿(茶々)が、実父である浅井長政の供養のために建てたのが養源院です。その後焼失しましたが、のちに淀殿の妹で徳川秀忠の妻であった崇源院によって伏見城の遺構を移築する形で、徳川 […]

詩仙堂 丈山寺(しせんどう じょうざんじ)

石山丈山の感性に触れる 江戸時代初期の文人で武人の石山丈山が自身の終の住処として1641(寛永18)年に造営したのが「詩仙堂」です。石山丈山といえば、漢詩や書道、作庭など、マルチな才能を発揮した人物で、煎茶の祖ともいわれ […]