京都の散策コース





京都散策のモデルコースをエリアごとにご紹介しています。

  • 清水寺・東山・祇園エリア
    京都観光の定番エリアですね。新京極や四条通り、二年坂、三年坂などは商店も多く、比較的若い観光客で賑わっています。混雑が予想される清水寺を朝一で訪れて、平安神宮方面まで北上するモデルコースを組みました。「寄り道編」では基本のモデルコースで飽き足らないかたのために、コースに追加しやすいおすすめスポットをご紹介しています。
  • 嵯峨野・嵐山エリア
    嵯峨野の竹林や大堰川と渡月橋の風景に代表されるように、悠久の時が流れる風光明媚なエリアです。京都らしい自然の景色や、美しい日本庭園をめぐるモデルコースになっています。お買い物や食べ歩きよりも、ゆっくり景色を楽しみながら歩きたいという方におすすめです。
  • 金閣寺・龍安寺エリア
    金閣寺を主役に、衣笠やきぬかけの道といった京都の暮らしを身近に感じられる街中や散策路を歩きます。仁和寺や妙心寺など、わかりやすい派手さはないけれどどっしりと見応えのある寺ばかりを回るので、歴史好きの方、仏教文化や仏教建築、仏教美術に興味のある方には特に楽しんでいただけると思います。
  • 銀閣寺・哲学の道エリア
    なんとなくですが、おしゃれカルチャーの香りもするエリア。散策の途中では、ガイドブックに載っていない小さなおカフェやおしゃれなお店を発見することもあるかも。京都文学が好きな方、哲学の道やインクラインでピクニック気分を味わいたい方にぴったりです。