真如堂(しんにょどう)

真如堂

Share on Facebook
LINEで送る
Pocket

真如堂の歴史と見どころ

紅葉シーズンだけというのはもったいない

984(永観2)年創建。

正式名称は「真正極楽寺」といい、「真如堂」は本堂の名前です。
その本堂は本瓦葺きの立派な建物で、
京都六阿弥陀の一つである阿弥陀如来立像を安置しています。

縁起は古いのですが、本堂、三重塔とも江戸時代に建てられたものということで、歴史的に新しいせいか紅葉の季節以外はあまり観光客がいません。

でも三重塔は立派ですし、境内もよく整備されていて、秋でなくとも訪れたい寺院です。

春も素敵な寺院です
真如堂の三重塔と桜

今の京都はどこへ行っても混雑してに賑やかなので、
真如堂の人気のない境内は、昔の京都を彷彿とさせて心が和みます。

いわずもがな、紅葉の時期はとても美しいですが、
おすすめは春。東山界隈の桜散策コースにぜひ加えたい寺院です。

静かな雰囲気が好きです
穴場と紹介しつつ、賑わってしまったら複雑
秋の真如堂
秋は混みます

真如堂の詳細情報、アクセス、地図


住所:京都府京都市左京区浄土寺真如町82
電話番号:075-761-5231
拝観時間/営業時間:9:00-16:00
拝観料・料金:500円

バス

:市バス 5,27,203,204番系統で「真如堂前」下車、西へ徒歩10分

地図

真如堂周辺の観光情報

寄り道できる名所

近くで買えるお土産

近くのカフェ&食事

Share on Facebook
LINEで送る
Pocket