智積院(ちしゃくいん)

智積院

Share on Facebook
LINEで送る
Pocket

智積院の歴史と見どころ

成田山新勝寺や川崎大師なども属する真言宗智山派の総本山。
みどころは大書院の東側にある池泉式回遊式庭園です。桃山時代に作られた「利休好みの庭」といわれる庭園で、中国の廬山を模して作られました。土地の高低を利用して築山を配しその前に池が掘られていますが、歩いて回るのではなく(そもそもそんなに広くありません)、建物の縁側からじっと眺める庭です。5月下旬にはツツジやサツキが咲いて特に美しい表情を見せます。

智積院の庭

宝物館には長谷川等伯の『楓図』など、絢爛豪華な桃山時代を中心に国宝級の襖絵が多数展示されています。
またこちらには宿坊があり、一泊から誰でも修行の体験ができます。

智積院の詳細情報、拝観時間、拝観料


 
住所:京都府京都市東山区 東大路通り七条下る東瓦町964番地
電話番号:075-541-5361
拝観時間/営業時間:9:00-16:00
拝観料・料金:庭園と収蔵庫500円
公式サイト

智積院への行き方、駐車場、地図

バスでアクセス

:市バス207,特207番で「東山七条」下車すぐ。

電車でアクセス

:京阪七条より徒歩7分

駐車場

:利用者専用駐車場あり(無料)

地図

Share on Facebook
LINEで送る
Pocket