京都に関する文学


Share on Facebook
LINEで送る
Pocket

京都について描いた本や、京都にまつわる本で著作権が切れたものをフルテキストで紹介します。テキストは青空文庫からお借りし、読みやすいようにそれを縦書きで表示しています。(読み込みに少し時間かかるかもしれません。)

森見登美彦さんや、万城目学さんなどの現代小説も非常に面白いですが、昔書かれた良質な文章の読後感も、たまらなくいいものです。

善の研究 西田幾太郎

哲学の道
哲学の道

哲学の道」の由来となった「哲学」ってどんなものだろう?って思ったりしますよね。こんな感じです。スティーブジョブズほか、世界中に影響を与えたといわれる禅僧、鈴木大拙も西田の同窓でした。一時期人気のなかった京都学派も最近は再び注目されつつあります。善の研究を読む

祇園の枝垂桜 九鬼周三


円山公園
円山公園の桜

短い随筆文です。周囲に見苦しい花見客がいても、土産物屋や料亭が俗悪でも、それでもなお円山公園の枝垂れ桜はすばらしいとのこと。今とは異なる時代に書かれた文章なのに、春の円山公園の雰囲気には今も共感できる独特のものがあったのかと。祇園の枝垂桜を読む

京に着ける夕 夏目漱石

鴨川
鴨川

正岡子規と、寒い京都と、ぜんざいと、下鴨神社の烏と。漱石らしい詩的で感動的でハイコンテクストな随筆です。京に着ける夕を読む

虞美人草 夏目漱石

渡月橋
嵐山渡月橋

冒頭に雲母坂、比叡山、そして嵐山。大原女とすれ違うことはもうないだろうけど、平八茶屋はいまでも山端にあります。『春はものの句になりやすき京の町を、七条から一条まで横に貫つらぬいて、煙けぶ る柳の間から、温ぬくき水打つ白き布を、高野川磧に数え尽くして、長々と北にうねる路を、おおかたは二里余りも来たら、山は自から左右に逼って、脚下に奔 る潺湲(せんかん)の響も、折れるほどに曲るほどに、あるは、こなた、あるは、かなたと鳴る。山に入りて春は更ふけたるを、山を極めたらば春はまだ残る雪 に寒かろうと、見上げる峰の裾を縫うて、暗き陰に走る一条ひとすじの路に、爪上つまあがりなる向うから大原女が来る。牛が来る。京の春は牛の尿の尽きざる ほどに、長くかつ静かである。』 虞美人草を読む

檸檬 梶井基次郎

三月書房
寺町の三月書房

梶井基次郎は三高(現京大) 出身です。寺町の果物屋さんで檸檬を買って丸善書店へ行った主人公のとった行動とは。丸善も寺町の果物屋さんももう無くなっちゃいましたが、寺町通りはまだちょっと特別な感じのする商店街です。檸檬を読む

方丈記 鴨長明

下鴨神社
下鴨神社の糺ノ森

下鴨神社の境内にある河合神社にゆかりのある鴨長明。
方丈記を読む

 

 

 

 

 

Share on Facebook
LINEで送る
Pocket