神護寺(じんごじ)

神護寺の見所・歴史 神護国祚(じんごこくさ)真言寺 号は高尾山、高野山真言宗別格本山。本尊は薬師如来。 和気清麻呂が延暦年(782-806年)河内に建立した神願寺がその始まり。 現在の神護寺は以前は高雄寺と称されていたが […]

高山寺(こうざんじ)

高山寺の見所・歴史 奈良時代に光仁天皇によって創建。 明恵(みょうえ)上人が1206年に再興。現在は真言宗御室寺派の単立寺院。明恵上人がつくった日本初の茶畑、鳥獣戯画で有名。鳥獣戯画は複製のみ展示。オリジナルは東京国立博 […]

圓通寺(えんつうじ)

圓通寺の見所・歴史 後水尾天皇の隠居「幡枝離宮」として造られた。 枯れ山水の庭園は比叡山を借景としています。開発のために庭から見える比叡山の風景は年々狭くなっています。美しい苔を見るためには雨の後に。日照りが続いた後は苔 […]

勧修寺(かじゅうじ)

山科にある真言宗山階派総本山。醍醐天皇がなくなったお母さんの藤原胤子(ふじわらのいんし)のために創建したお寺で、西暦900年頃から千年以上の歴史があります。南北朝時代には宮門跡寺院になり、藤原氏と皇室とのゆかりが深い寺院 […]

醍醐寺(だいごじ)

醍醐寺の歴史と見どころ 「花の醍醐」と五重塔 世界遺産の寺院です。空海の孫弟子である、理源大師が笠取山の山頂に如意輪観音、准胝観音を迎えて開山したのが始まり。その後醍醐天皇の庇護を受け、山麓全体が醍醐寺の敷地になりました […]

知恩院(ちおんいん)

知恩院の歴史と見所 “「南無阿弥陀仏」と唱えていれば救われる”で知られる「専修念仏」を始めた法然上人が、1175(承安5)年に庵を結んだのが「知恩院」の始まりといわれています。法然上人のお墓もあります。 知恩院は大小10 […]

天龍寺(てんりゅうじ)

天龍寺の歴史と見どころ 臨済宗天龍寺派大本山。「霊亀山天龍資聖禅寺」というのが正式名称です。本尊は釈迦如来、脇士普賢菩薩・文殊菩薩。その歴史は嵯峨天皇の皇后橘嘉智子が営んだ壇林寺があったところに、嵯峨法王が亀山殿を造営し […]

清水寺(きよみずでら)

清水寺の歴史と見どころ 「京都といったら、まずは清水寺でしょ」というくらい超メジャーな観光スポットですね。なんでそんなにみんなが行くのかというと、やっぱり清水の舞台とそこから京都市内を一望する眺めでしょうか。あとお寺から […]

幸福お守り(鈴虫寺)

鈴虫寺の幸福お守りの御利益、特徴 草鞋を履いたお地蔵様が願いを叶えに来てくれる 有名な鈴虫寺の幸福お守りです。鈴虫寺のお地蔵様「幸福地蔵」は、日本で唯一草鞋を履いたお地蔵様として知られています。これはこのお地蔵様が、困っ […]

石峰寺(せきほうじ)

石峰寺の歴史と見どころ 伊藤若冲ゆかりの寺 黄檗宗のお寺です。読み方は「せきほうじ」で、「石峯寺」とも書きます。石峰寺の本尊はもともと薬師如来でしたが、昭和に入って放火で燃えてしまい、再建後は釈迦如来となりました。 江戸 […]

豊国神社(とよくにじんじゃ)

豊国神社の歴史と見どころ 豊臣秀吉から出世のご利益が得られる神社 豊臣秀吉の霊を祀る神社です。低い身分から天下統一を成し遂げた秀吉にあやかって、登用や昇進に御利益があるそう。 境内には瓢箪の形をしたユニークな絵馬が奉納さ […]

智積院(ちしゃくいん)

智積院の歴史と見どころ 成田山新勝寺や川崎大師なども属する真言宗智山派の総本山。 みどころは大書院の東側にある池泉式回遊式庭園です。桃山時代に作られた「利休好みの庭」といわれる庭園で、中国の廬山を模して作られました。土地 […]

養源院(ようげんいん)

養源院の歴史と見どころ 1594年に秀吉の側室淀殿(茶々)が、実父である浅井長政の供養のために建てたのが養源院です。その後焼失しましたが、のちに淀殿の妹で徳川秀忠の妻であった崇源院によって伏見城の遺構を移築する形で、徳川 […]

広隆寺(こうりゅうじ)

広隆寺の歴史とみどころ 最近歴史問題でなにかと話題の聖徳太子を信仰する、603年建立という京都最古の寺院です。大陸からやってきて、日本に様々な技術をもたらして帰化した秦(はた)氏の氏寺として建立されました。 広隆寺で最も […]